裏ゆきるん

ほぼ毎日、ひっそりと京都のかたすみから叫びたい…

LINEスタンプ作家デビューしました

お題「ささやかな幸せ」

こんにちは、ゆきるん@はてなブログに書くの、超久しぶりなのです。

 

なにをしていたかというと…

ジャーン!LINEスタンプ作っていました〜 むっちゃ楽しかった!幸せだったよ…

 

3日前に、LINEクリエイター登録して、昨日の深夜(ってもう今日やん)にスタンプ登録の申請を出して、今日の正午に承認されましたよ!!!

やったね!思わず呟いたよ〜

と言うわけで、できたのが↓のスタンプです。120円で32個入っています。

ウチの上の子に、「しょぼーーー」と貶されていますが、こういうのはやって見ることに価値があるので、子どもの意見はスルーして、自分の趣味に生きることにします。

よかったら、みてやってください。

line.me

 iPad版のAdobe Illustratorをメインで使いました。いろんなお絵描きアプリ使いますが、マルと線の組み合わせで作るのは、ベジェ曲線最高!iPadApple Pencilの組み合わせは、イラレのペンツールが超苦手でも、キレイにパスを取ることができます。

そのうち、 メイキングを紹介したいと思います。

実際に描くより、描くまでのLINEスタンプのネタ出しに、時間がかかりました。

仕事の合間を見て、隙間時間で、3日くらいかかった?iPadをどこに行くにも大体持ち歩いていいます。なので、どこでも思いついた時に作業できて、その点が良かったです。

ヤバいな、13インチの最新版iPad Pro、無茶苦茶欲しい!買い替えたい!

まぁ、一回通しで作ってみたら、なんとなくわかってきたので、次はもっと効率良く作れそう…。Adobeに課金していてよかった。仕事に趣味に、使いこんでいます。

 

というわけで、制作が楽しかったので、ガンガン作る予定です。

次のネタもうできているんだ〜、うふふ。

 

LINEスタンプの作り方は、↓のような本が色々出ていますが、公式サイトやネットに出ている情報で十分だと思います。

 

Adobe Illustratorに関しては、↓の本が、とりあえずIllustratorでペンツールを使わずに、可愛いキャラクターが作成できて、ついでにPhotoshopも勉強できるので、欲張りな感じで、かつとっつきやすいのでお薦めです。

 

【今日のポチッ】Kindle本まとめ買いキャンペーンに参戦

 

こんにちは、ゆきるんです。

今日で、Kindle本のまとめ買いキャンペーン「5冊買って10%ポイント還元」が終わってしまうので、読みたかった本をポチりました。

Python

↓「Python1年生」はかんぺきにマスターした(はず)で、2年生はすでに購入しているので、コレで機械学習にチャレンジします。

↓ゲームもちょっと作ってみたいです。簡単そう…

健康系

↓腸のことについてもっと知りたいので、もっと腸から健康になりたいので、勉強します。

マンガ編

↓1−2巻が、Kindle Unlimitedに入っていたので、迂闊に読んだら…。

あまりに甘ジョッパイ内容で、ハマってしまいました。市川くんと山田さん、尊すぎる。夢に出てきそう…。なので、続きもポチってしまいました。

と言うわけで、私の夏休みは、読書で終わりそうです。

ちなみに、Kindle本はiPadのアプリで読む派です。

iPad Proを使うようになってから、読書も映画鑑賞も、Illustratorsである程度作れちゃったりと、いろいろはかどるので、手放せません。

↓は、iPad版のIllustratorで作ったヤツ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yukirun (@yukirun)

【マンガ】軍靴のバルツァーが面白かった

こんにちは、ゆきるんです。

夏休みを満喫しています。

うわーーーー、ゴロゴロ引きこもって(在宅仕事以外で)、マンガ読んでいました。

たまたま見つけた、「軍靴のバルツァー」が8月15日まで、マガポケで最新話以外無料なので、一気読みしてしまいました。

軍靴のバルツァー - 中島三千恒 / 【第1話】戦場の華 | マガポケ

やばい、面白くて一気読みしてしまった…[面白い][マンガ][面白][期間限定無料]

2022/08/12 21:12

 

19世紀後半ごろの帝国主義全盛期のヨーロッパを彷彿とさせる、架空の軍事国家「ヴァイセン王国」のイケメン有能な少佐が、同盟国であり軍事後進国の「バーゼルラント邦国」へ軍事顧問として飛ばされて…。

って感じの、ガチの戦争物のお話です。

愛読している「幼女戦記」に似てるな~とか思っているのですが、歴史ものとしても面白いし、戦争物としてもガチで面白い。絵もきれいだし、緻密で、読み応えあります。

 

移籍連載開始記念ということで、電子書籍も販売されています。期間限定無料公開につられて読まなかったら、チェックしなかったところだったわ~。

 

ということで、これを機会に、ぜひおすすめです。

 

 

 

 

読みすぎて目が疲れたら、↓サプリがお勧めです(と父に頼まれたので代理購入します)

 

人生初のアニメイベントに参加してみた

こんにちは、ゆきるんです。

家族が全員出かけてて、久しぶりに1人でのんびり家でくつろいでいます。

仕事もひと区切りついてぼーっとしてる時間がすごく幸せ…晩御飯を作らなくてもいい、それだけですごく気が楽です。

 

というわけで、久しぶりにブログ書いてます。書くというより、音声入力で喋ってるだけですが、家で1人でいると、音声入力も堂々とできるのでとても楽、いい感じです。1人でいる時間、とても大事です。

 

音声入力はリモートマウスとSimejiの組み合わせです。「Shimejiはセキュリティ的に危ないかなー」とは思ったんですけれども、Googleの音声入力より使いやすい感じです。というのも、持ち運びにはいいんだけれどもWindows10のノートPCを引っ張り出してきて、涼しい部屋で使っているからです。Windows11だと、音声入力がもうちょっと賢いんですけどね。

 

「夏休みに見たい映画やドラマ、アニメ、バラエティってなんだろうなぁ~」と考えていたんですけれども、実は、早々と新作アニメを先行上映で観てきましたよ。

 

実は、アニメとか漫画とか大好きで、いろいろ見てます。

今年の春アニメは、「パリピ孔明」とか「スパイ×ファミリー」とか、見ごたえあるアニメがあってすごく嬉しかったんですけれども、今年の秋アニメはさらに結構来てるってすっごく楽しみです。

スパイ×ファミリー2期はともかく、チェンソーマンもアニメ化ですよ!もう最高です!!

 

その中で、「キター!!!!」と思ったのが、「モブサイコ100」シーズン3!!!

とうとう来たかーーー待ちわびたよ!!待ちすぎて、もうすっごく楽しみにしてたので、すごく嬉しすぎて、日本語おかしくなっていますが、待ちきれないので、先行上映会を兼ねたスペシャルイベントに行ってきました。

 

先週末、新幹線など乗り継いで立川まで、「モブサイコ100」新シリーズ第1話と第2話のの先行上映会、プラス、スペシャルイベント&ライブ…。ガチ勢?のアニメ&マンガオタクの末っ子ちゃんと、わざわざ京都から参戦してきました。生まれて初めて、人生初のアニメイベント参加です。

 

世間では、スパイ×ファミリーとか、チェンソーマンとか、そちらの方で盛り上がってるみたいですが、ま、どっちも好きなんですけれども、でっかい画面で観たい!!のはモブサイコ100かなぁ…と。

青春ものなサイコなのに、バトルがガチすごくてVRで観たらすごい迫力なのです。

 

まあ、(年齢的に)アニメのイベントなんて…とか思ってたんですが、末っ子ちゃんが「何迷ってるの!!行くしかないでしょ!!一緒にいこ」と押してくるので、思わず先行チケットをポチってしまいました。おかげで、一階席の前から8列目といういい席。1階から3階席までびっちり埋まっていたので、これはラッキー。

舞台から近くて、(声優の)桜井さんが近い…迫力ありました。

(うちの子は、一番前でもよかった…とつぶやいていた。前過ぎない?と思うけど)

 

最初に新作1話と2話の上映会を鑑賞し(OPであまりのレベルの高さに鳥肌立ててました)、そして「霊とか相談所 大相談会」のイベント、最後に、1期2期のOPなどの曲のライブ。あっという間の時間を楽しめました。


www.youtube.com

スペシャルイベントでは、主人公モブ役の伊藤節夫さん、霊幻新隆役の櫻井孝宏さん、芹沢役の星野貴紀さん、花沢輝気役の松岡禎丞さん(イケメンの役ばかりしていますね~)で、あらかじめ募集していたお相談会ですが、舞台セットがすごく凝ってた!世界観がそのまま再現された感じです。

 

ちなみに、伊藤節夫さんが、まんま、リアルモブ君していました。舞台版「モブサイコ100」でも、主人公役、演じているから寄せているんですかね~

 

また、舞台をセットするスタッフが超能力結社「爪」の人たちという設定。おもろすぎる。というか、スタッフが着ていた「爪」のTシャツが欲しかった。

 

最後に、テーマ曲を歌っているMOB CHOIRのボーカルのsanaさんが、エクボっぽいブロッコリーな服装で、主題歌を1~3まで熱唱。かっこよかったです。

 

会場に着くなり、グッズの整理券を配布していってささっともらってくる、うちの末っ子。現地ではすでにグッズを持ったり着たりしている、モブサイコ100への愛がいっぱい感じられる人ばっかりでした…すげ~。

 

で、末っ子ちゃんですが、グッズ申し込み用紙に勝手に記入していくというか、「全部買うんかいっ!!」ていう勢いで印つけてました。お金を払うのは私かっ!!

ということで、さすがに一番高額なアロハシャツは全部買えませんでしたけれども、モブくん仕様のオレンジと霊幻師匠のブルーのアロハをゲットしました。そして、もちろんイベントでは着る!

 

そう、舞台では、それぞれの役の声優さんが同じアロハシャツを着ているのですよ。

舞台ではモブくん役の伊藤節生さんと同じオレンジのアロハを着た末っ子、私は霊幻師匠のブルーのアロハを着ていたので、桜井さんとおそろいになっていました。こういうのがうれしいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yukirun (@yukirun)

音楽イベントとかライブは、まあまあ行ったことあるし、映画の試写会とかも何度か行ったことありますが、こういうアニメとかの関係のイベント、しかも遠方まで参加するのは、本当に本当に初めてだったので、同じ趣味のある方が集まって、共通のグッズを持って一緒に盛り上がるっていうのが、こんなに楽しいものとは知りませんでした。

参加して良かったと思います。これはハマるわ。

 

ちなみに、末っ子は「次は舞台も観に行きたい」と言ってました。まじハマりかよ。

ていうか、モブサイコ100、舞台もやってるって、いつの間に知ってるんや…っていう感じです

 

会場は女の人の方が、多かったんですけれども、ま、親子連れできてる人とか、私たちと同じような人たちがまあまあいました。また男の人1人で、グッズ売り場のお兄さんに「このアニメって男性が見てもいいんだよね~」とか言ってる人を見かけました。結構、濃かったです。男女楽しめるアニメです。マンガも(作画が味わいがありすぎるけど)最高です。

 

というわけで、週末は日帰り弾丸イベント参加でしたが、無茶苦茶疲れました。でも楽しかったです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yukirun (@yukirun)

また、こんな感じで、盛り上がれるイベントに参加してみたいです。ただ、予想よりお金を使いすぎたので、家でのんびり、モブサイコ100の第1期と第2期を楽しんで、今年の夏休みをを過ごしたいと思います。

 

皆様も、ぜひ、モブサイコ100を観てくださいませ。世界観も含めて、超お勧め!


www.youtube.com

 

 

 

 

 

TaskChute Cloudを使い始めた&続けるコツ

こんにちは、ゆきるん@今日は真面目なコトを書いてみます、です。

 

メインの仕事が教えることなので、ぼちぼち夏休みモードに入っています。

夏休みといっても全く休めなく、採点と成績評価の作業がめちゃめちゃ入ってます。

さらに、次の講座の準備とか、来年の仕事の準備とか…泣きそう。

ありがたいことに、次年度のお仕事もいただけそうで、嬉しい限りです。

過労しない程度に、頑張ります。

 

ということで、在宅仕事は時間管理が重要なのですが、7月末から「TaskChute Cloud」を使い始めました。

taskchute.cloud

在宅仕事(講座の準備とか、フォローバックとかその他諸々、持ち帰っている仕事)に、どれくらいの時間がかかっているか、測ってみたかったからです。

また、「やらなきゃいけないけど、なかなか手を付けられない…」という仕事に、気持ちよく手をつけるにはどうしたらいいか、って悩んでいまして。

いろいろ調べて、お試しで使ってみたところ、気持ちよく予定した仕事がはかどるのが気持ちよくて…で、今に至っています。

 

機能が色々ありすぎるのと、未だに使いこなせていないのですが、以下の要領で使っています。

  1. 前日に、明日やるタスクを入力(主に片付けたい仕事、また習慣づけしたいことなども)
  2. 予定を実行する時間が来たら、ボタンを押して計測しながらタスクを実行
  3. タスクが終わったら、終了ボタンをポチっ(ゆとりがあれば、振り返りコメント入れる)
  4. 次のタスクを実行
  5. 予定が全て終わって、気持ちいい!

全体の見通しとやるべきことは、予定はGoogleカレンダー、やることは紙の手帳やNotion(こっちは仕事スケジュール)で管理しています。

1週間毎の「やること」は、DropboxのPaper使ったり、他のスケジュール管理アプリを使ったり使わなかったり、浮気しています。

こちらはなんとかしないといけないです。特に、紙の手帳は、Citta手帳のB6サイズを使っていますが、あまり使いこなせていないです。

 

実は、過去に愛用していた、Todoist と Toggle の組み合わせでも、同じようなことができるし、Web版でもアプリ版もあるし、AndroidiOSWindowsMac、どのデバイスでも使えるので、そちらでも試してみたのですが…

 

タスクが終わったときの爽快感が、実感できない!

 

タスクを終えて、終了ボタンを押したときのぬるっと消える気持ちよさ…

要は、チェックボックスにチェックを入れると気持ちいい、達成感があまり感じられなくて、挫折しました。めんどくさすぎる。

 

TaskChute Cloudに似たものに、iOSアプリの「たすくま」がありますが、Android版ないもんなー。タスク管理は、MacWindowsAndroidiPadと使用デバイスが多すぎる私には、デバイスに関係なくシームレスで使えるものじゃないと、使い勝手がめんどくさすぎて、使えません。

自作という手もありますが、タスクを終えたときの動作の気持ちよさは、TaskChute Cloudが一番でした。

欠点は、アプリ版もネットに繋いでいる状態でないと使えないのと、時々読み込みが重たすぎることです(特にiPad版のアプリ)。でも、今は許せています。

 

TaskChute Cloud、使い始めて2週間目に突入していますが、そこそこ続けられそうです。

とにかく続けるコツは、

  • できる範囲のタスクしかいれない(欲張って、タスクを入れすぎない)
  • 細切れすぎる管理しきれないタスク入れない
  • 習慣化したいこと(朝起きたら、うがいして、白湯飲んで…というような)は、ルーティーンとしてまとめる

くらいですかね。

ヘビーユーザーは、「歯を磨く」などの細かいタスクも登録して1日40とか50とかのタスクをこなし続けているらしいですが、基本怠け者な私は、そんなことできねーーー!

 

とにかく、TaskChute Cloudを使う目的は

  • 気持ちよくやるべきタスクをこなす
  • やるべきことがきちんとできていることを視覚化する
  • できたことを記録し続け積み上げることで、安心感を得る

なので、振り返りとかあまりできていないですが、

「締め切りが近づいているのに、手がつけられていないっ!」

という、不安感は改善されているような気がします。

 

というわけで、みんチャレとあすけん、絶賛挫折中な私ですが、「続けている」状態を維持できるように、ボチボチ頑張ります。

 

P.S.ちなみに、ブログ執筆も、はてなブログ含めて、ほぼ毎日続いています(まだ1週間くらいだけど)。

今ハマっているSF小説

今週のお題「SFといえば」

こんにちは、ゆきるんです。

8月になってしまって、心がざわざわして落ち着かないです。

もー、やるべきことが捗っていないのではないか…って不安感がひどいこと。

なのに、暑すぎてやる気が起こりません。

 

ですが、読書はやめられません。今は、この間のセールで購入したプロジェクト・ヘイル・メアリー 下を読んでいます。

上巻を読み終えて、下巻を読み始めたところです。Kindle本だと、持ち運びが楽です。紙のほうが読みやすいのですが…。

 

小学生の頃から、読書は大好きすぎるのですが、ミステリ小説はアガサ・クリスティーエラリー・クイーンなどの海外もの、SFは筒井康隆眉村卓星新一を始めとする日本の作品を基準に読んでいました。

あ、SFは父親の蔵書にあった、ジュール・ベルヌ全巻はかたっぱしから読んでいました。

SFに限らずですが、昭和~平成次代は、今のように娯楽が多くなくて、更に、うちの親は、テレビもマンガも「教育上、よろしくない」とかなんとかで、制限されていたので、余計に読書ばかりしていました。

読書すら制限されそうになったので、トイレや布団の中など、隠れて読んでいたせいで、小学4年にして、メガネっ子になってしまったのですが。

 

ですが、今はYou Tubeやアマプラなど、いろんな娯楽があるし、マンガすら無料で閲覧できる時代です。大人になったら、仕事や家事など、やるべきことが多くて、更に睡眠時間削れなくて…夜更かしすると体調が悪くなるお年頃になってしまった(汗)

小説をじっくり読もうとするハードルが上がってしまいました。

 

が、プロジェクト・ヘイル・メアリー 上は、面白くて読みやすい!Kindleで字を大きくしているからかもしれませんが、海外SFにしては読みやすいです。三体に比べると、理屈っぽくなく理解しやすいです。登場人物が少ないせいかもしれません。

メインの登場人物は、地球の危機を救うため宇宙へ旅立った理科教師だったアメリカ人と、同じく居住惑星の危機を救うために旅立った宇宙人との、共同作業の物語です。すごく大雑把に言うと、共通する原因で絶滅の危機に瀕して、解決方法を見つけるべく旅立った宇宙の先で出会った、2人(1人と1匹?)の物語です。

まだ途中なのでなんとも言えないですが、言語も育った環境も全てが異なる2人が、お互いを学びながら助け合って、解決方法を探っていく…って、ほっこりするシーンばかりです。

陽気で前向きなアメリカ人の主人公視線で、物語が語られていくのがわかりやすいですし、挟み込まれる科学や物理の知識が、すごく勉強している感があって面白い。物理が赤点だった私でも、楽しいです。

よく見たら、 オデッセイ(字幕版)の原作者やん。そりゃ、面白いわ。

 

オデッセイ(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

  • マット・デイモン
Amazon

オデッセイ(字幕版)の原作は↓です。読んでみようかな。

 

今日もとっとと夕飯の支度を終えて、読書の続きを…。ですが、夏休みに入って、息子も帰省中で、すごく騒がしくて落ち着きません。

なので、Google Pixel Buds Pro Coralを、Googleストアでポチってしまったよ。アクティブノイキャンが素晴らしいそうです。2つのデバイスで同時使用もできるし、充電が10時間以上持つらしいし…超高性能耳栓として、大活躍しそう。明日か明後日に届くそうです。すごく楽しみ。

 

壊れたメガネが無料で修理できてよかった日

お題「捨てられないもの」

ということで、ゆきるんです。

くっそ暑すぎて、いつもなら自転車を使うところを、今日はバスにしましたよ。

歯医者のついでに、壊れた眼鏡をなんとかならないかと、購入したチェーン店に行ったら、鼻のところのパーツが外れただけだったので、無料対応でした。ついでに、レンズもピカピカに磨いていただきました。

ありがとう、JINS

「修理代かかるかな~」と思っていたら、無料で即、修理できたので、本当に助かりました。

 

メガネって、私の場合、ほとんど顔の一部になっています。小学校4年生のときから、メガネっ娘ですからね~

(当時のあだ名が、アラレちゃんでした…ちびで背が低いからだと)

 

なので、部屋を片付けていると、忘れ去られたメガネが発掘されることがあります。気に入ったメガネしか使わなくなるので、お気に入りが壊れるとすっごくストレスです。

 

映画や観劇用の、度が強めのメガネを代用で常用していたら、目の疲れが酷くて…

 

「ほどゆるの度のメガネ、新調しなきゃ」と思っていて、「とりあえず、修理で見積もり取ってみるかな」と。

無料で、かつ、すぐ手に入ってよかった。外出ついでにでかけてみるものですね。熱くて死にそうでしたが。

 

家に戻って、もうすぐ7月が終わり、なのに、仕事が溜まっていることに気づいて、焦っています。

今日は、すごく疲れてしまったので、明日の仕事に備えます。土曜に外で仕事は嫌だけど、頑張るべ。