読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏ゆきるん

ほぼ毎日、ひっそりと京都のかたすみから叫んでいます。

20年前、何をしていたのか

photo+by+Le+Consul

明け方の5時過ぎ、まだ大阪の実家住まいだった私は、夢の中にいた。

夢の中で、突然、

ズドーーン!

落ちる衝撃の後、周囲のすべてがガタガタと揺れ出した。

それは、夢ではなく、現実だった。

目を覚まして布団からそろりと起きたところで、父が部屋の戸を開けた。

「いつでも外に出られるように着替えて。貴重品をまとめて」

いつもとは違う、緊迫した声だった。

父は母に、風呂に水をできるだけ貯めるように指示した。そして、さらにガスの元栓が閉まっているのを確認し、マンション特有の重い鉄の玄関の戸を少し開けて、閉まらないようにストッパーで止めた。

ベランダから、西の方角を見ると、夕方のように空が真っ赤に染まっていた。

家の中を確認して、ガラスが割れるとか、特に被害は見当たらなかった。すっかり目が覚めて、テレビを付けて、ずっと地震のニュースを見守っていた。

近所の消防署からは、サイレンの音が鳴り響いては遠ざかり、また鳴り響いては遠ざかり…を繰り返している。

当時、仕事を辞めて無職だった私は、その二週間後に、海から神戸へ向かっていた。パソコン通信で知った、神戸での震災ボランティアに参加するためだ。

平日は神戸に泊まり込んで救援物資の仕業をし、週末だけアルバイトのため大阪に戻る生活を、3ヶ月間続けた。

あれからもう20年、経ったんだなぁ。当時の状況は、まだ皮膚感覚的に覚えています。

広告を非表示にする